=^・ω・^=早く家族に会えますように(^・ェ・^)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきらめないでください
2011年04月27日 (水) | 編集 |
犬猫救済の輪さまより転載です




犬猫救済の輪で現地で共に救済活動を行った方から27日11時の報告です。

相双保健所食品衛生課は、圏内のペットの救出に懸命に対応して下さっているそうです。ペットの飼い主と家族の保護要請を受けますとのことです。保護した後の受け入れ先が決まっていることが条件だそうです。
ある保護要請について申請からお返事までは1日だったということです。救出は保健所立会いのもと、飼い主か家族が同行で圏内に入り保護するとのことです。
要請にどこまで応えられるかは、権限の問題等、現段階でははっきりしていないそうです。
本人が、相双保健所食品衛生課と直接話されてということで電話連絡を頂きました。


飼い主またはご家族の方は、至急、相双保健所へのペット保護要請を出して下さい。
福島県相双保健所(相双保健福祉事務所)
      南相馬市原町区錦町1丁目30 電話番号 0244-26-1351
                   FAX 番号 0244-26-1332

立ち入り許可の権限がどこかなどあいまいな現政権の中で、親身になって対応して下さるところにお願いし、突破口を作りましょう。


「アニマルエイド」様 ブログ ご覧ください!!
http://ameblo.jp/animalaid-jimunikki/

飼い主さん立ちあがってください! 20㌔圏内の浪江に飼い主さんと行きまして、無事に保護しました



警戒区域にペットを残してきた飼い主さん、地域のみなさんへ!
今、あなたにできることがあります。
20キロ圏内から脱出してきた犬猫を助けて!

昨日4/24福島県に個人で出向かれた人の情報で、原発20~30km圏に、以前20km圏内で見かけた犬が複数目撃されたとのこと!
20km圏内に入れないからと諦めず、20km圏外周辺での保護活動の必要性があるとのことでした。


20キロ圏内から自力で脱出してきている犬猫がいます。
目撃保護地点は南相馬市北原近くの駅の駅裏より少し北をはじめ封鎖線の外周にけっこうの数の犬猫がいるようです。

20キロ圏内に犬猫等を置いて避難している飼い主さん!
地域の皆さん!
この子たちを助けるため今すぐ次のこと実行してください。

1)飼い主さんはの20キロ封鎖線近くへ行き、飼い犬、猫の名前を呼んでみてください。
2)警察官に飼い犬猫の写真や特徴を託して、見かけたら保護してもらって下さい。
3)ご自分の犬猫ではなくても、徘徊していたら、できる限り保護や配食をお願いします。
4)保護した後、避難所に連れていけない場合は保健所に預けるか愛護団体、市町村に相談してください。保護さえすればどうにでもなります。

保健所で預かってもらう際には以下のようにして下さい。
相双保健所
南相馬市原町区錦町1丁目30 電話番号 0244-26-1351
                  FAX 番号 0244-26-1332
(現在相双保健所は施設がありませんが、それは行政間で行うことです。)
保健所に渡す際に「狂犬病予防法に基づいて保護して下さい。遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。殺処分されることはありません。
猫については、「迷子猫です。保護してください。遺失物扱いで所有権は放棄しません。」と必ず伝えて下さい。殺処分されることはありません。」その後については、相談にのります。
この件についてわからないこと、緊急連絡先 杉本 090-3908-8823

5)気がつきやすいところに水やフードを置いてきて下さい。
地域の方は2)~5)をお願いします。





生きていればこそです。飼い主さんの声が一番チカラがあります。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。