=^・ω・^=早く家族に会えますように(^・ェ・^)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圏内にペットを残している飼い主のみなさま
2011年10月17日 (月) | 編集 |
動物愛護団体 アニマルエイドさん

圏内に残されているペットたちの救済を行なっています。

愛する家族を残してきた飼い主さん、連絡してみてください。


http://ameblo.jp/animalaid-jimunikki/entry-11047900458.html

同行が無理な場合、住所を伝えて捜してくださいます。




7ヶ月が過ぎた今でも

圏内にはたくさんのペットたちが残っています。

特に猫は生存している可能性が高いとのこと。

コンビニに集まっているという情報もあります。

避難のときまで、ふつうに暮らしていたペットたち。

いま、極度の餓えと闘っています。

これから寒くなります。それがどういう事なのか

飼い主さんが一番よくご存知のはずです。

一部報道で、「犬たちが野生化して人に近付かなくなっている」とあります。

犬たちは7ヶ月という短い時間で完全に野生化することはありません。

犬たちは従順です。どんな状況であっても、

飼い主さん以外の人間にシッポを振って近付く事がありましたか?

もう、助けられるのは飼い主さんだけです。

動かない、石頭たちを動かせるのも、飼い主さんたちの声だけです。

動物愛護団体が、個人のボランティアが大声で叫ぶより、

飼い主さんたちの声が、一歩が、愛情が必要です。

避難所での生活から、仮設住宅へ移られたり、

他の地で前へと歩き出した飼い主さんがほとんどであること、

皆さんよく理解しています。そのご苦労・心痛ははかり知れないと。

残されたペットたちは、一歩も前へ進めず、こうしている今も

飼い主さんの温もりを思い、すぐにでも消えそうな命を必死で生きています。

ずっと待っています。飼い主さんが帰って来ることしか無いんです。

飼い主さんが諦めてしまえば、彼らも生きることを諦めてしまうと思います。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。