=^・ω・^=早く家族に会えますように(^・ェ・^)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会の喜び
2011年05月27日 (金) | 編集 |
すぐ下の記事「保護されている犬たち47」にある茶色のわんちゃん、
飼い主さまが見つけてくださったそうです!


ひろち様のブログ 
「急展開です!!あかべえが飼い主さんと一緒に帰りました!」
http://ameblo.jp/berian0163/entry-10904651681.html#cbox


ひろち様は保護したワンちゃんのチラシを作り、浪江町の方が避難している所へきちんと連絡を入れた後に
チラシを発送して掲示をお願いしていらっしゃいました。

ある避難所でチラシを見た飼い主さまが家族である「ジル君」を発見!
記載された動物病院へ連絡をされて、今日時間をかけて会いに来られたそうです。

避難先はペンションでペットは可ですが、ずっとお外で暮らし、大きなジル君は
まわりの小さなワンちゃんたちにご迷惑になるかも・・・と。
病院の先生は「ジル君が幸せになることを考えて結果が出るまでお預かりしますよ」と
引き続きお預かりを続けてくださるそうです。

がっ!!急展開があったそうで、
どうしても離れられない飼い主さんは、ジル君を連れて避難所へ帰られたそう。
きっと飼い主さんはこれまで長い時間会えなかった隙間をコツコツと埋めていくことでしょう。

ひろち様も書いていらっしゃいますが、
見つかった後の問題は、それぞれの家族で違ってきます。
でも、落ち着くまでの間はしっかりとケアしながら安全に預かってくださる方がほとんどだと思います。
重要なことは

飼い主さまの意志 です。


そしてわかったことは、
避難先で飼い主さんたちは、あきらめてしまったのではなく、情報が得られないのです。
私に資金があれば、保護されている犬猫さんたちのデータをすべて印刷し、
全国の避難先へ貼り出したい!!!

ひろち様は、とても重要な結果を出してくださいました。

ジル君、元気で長生きしてくださいね。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。